行政書士

行政書士
の主要業務である申請業務も、電子政府が本格化し、電子化されていく中で行政書士生き残るためのマニュアルです。

そのような時代の流れの中で
行政書士は、自分の得意分野を作り、行政書士事業を延ばしていく為にはどうしたらよいのか、
行政書士営業マニュアルを伝授!雑誌や書籍では紹介されない行政書士の為のネット活用法などを事例を挙げながら解説。

 HOME
 金森合同法務事務所
行政書士-営業講座開講
行政書士-営業(開業)塾、塾生募集開始!

行政書士-超・営業法

行政書士開業初月から月商100万円稼いだ超・営業法をお読みになったあなたへ
行動することの重要性!営業講座がすべてを変える!
TVや雑誌でお馴染みの金森重樹がお届けする、行政書士の為の『開業、営業塾』の塾生を募集しております。新人の行政書士は勿論、ベテランの行政書士の方も事業を拡大、成功させる為のノウハウが満載です。

講座内容の詳細はこちら

今月の課題図書について

行政書士の為の営業・開業塾

講師
金森重樹
1970年生まれ。東京大学法学部卒業。行政書士、中小企業診断士。金森合同法務事務所所長。開業初年度にして30超の支部を有する相続処理の全国チェーンを構築。

 

 

第10回講座内容
 

ポストモダンマーケティング

課題図書

[今月の課題図書]
ポストモダン・マーケティング
   ―「顧客志向」は捨ててしまえ!
スティーブン・ブラウン (著), ルディー和子
出版社 / 著者からの内容紹介

あなたが信じてきた顧客第一主義からかけ離れた原理。マーケティングの真髄?それとも?実は過去のあまたの事実が証明していた。
こちらの図書のご購入はインターネットの本屋さん
Amazonにてご購入出来ます。ご購入はこちらから

ハイパワーマーケティング

参考図書

[今月の参考図書]
ハイパワー・マーケティング
ジェイ・エイブラハム (著), 金森 重樹 (翻訳)
出版社 / 著者からの内容紹介
IBM・シティバンク・マイクロソフトなど全米400社以上の有力企業のマーケティング・コンサルタントを務めた著者による、少ない元手で高収益を達成する具体的なアクションの仕方と成功事例を説いていく。
こちらの図書のご購入はインターネットの本屋さん
Amazonにてご購入出来ます。ご購入はこちらから
[今月の講座内容]

毎月出題する課題に対して、金森が回答をしております

今月の課題図書から

1. 顧客第一主義についてのアンチテーゼ
2.希少性の原則
3.リフレクシブ広告
4.TEASE=じらす
5.増幅とプレスリリース
6.秘密

課題

について解説をしております。

講座内容の資料請求はこちら


【第10回冒頭】

【はじめに】

ご無沙汰しております。金森です。
年末年始は、2/18日発売の『ハイパワー・マーケティング』(ジェイ・エイブラハム著 金森重樹監訳)の監修に掛かりっきりになっておりました。また、年明け1/8日には、渋谷で400人規模の不動産投資のセミナーを開催しました。

さて、今回はこのセミナーの開催というテーマから始めたいと思います。あなたも、これをきっかけにして業務の受注のためにセミナーの開催を検討してみてはいかがでしょうか?

セミナーを何のために開催するかといいますと、一般的には・ セミナーを開催して、セミナー収益自体を上げることを目的とするもの
・ セミナー収益が目的ではなく、顧客とのリレーションを構築することによって、バックエンドの商品を販売することを目的とするもの
の2種類があると思います。

セミナーで収益を上げることを目的とするものの中には、さらに自分以外の人間が主催して、自分は講師として講演するもの、自分が主催するものの2パターンがあるとおもいます。

【自分でセミナーを主催する場合】

まず、セミナーを主催する場合ですが、これは見込み客リストの構築から始まります。
つまり、例えば、3週間後の○月○日にセミナーを開催すると思い立ったからといって出きるものではないのです。
見込み客リストを持っていない人間には、セミナーを主催する資格がありません。
なぜならば、通常セミナーの告知のために、各種セミナー案内の媒体に広告を打ったとしても、その広告費を賄って余りあるだけのセミナー収益がそこから生じることは稀だからです。ほとんどの場合には、セミナー収益は広告費を下回ります。
無理に収益を上げようとして、セミナー料金を高額にしてしまうと、セミナー参加者の心理的な障壁が高くなってしまい、集客は一層困難になってしまいます。

自分でセミナー主催する場合、セミナー集客の成否は、開催日の数ヶ月前に決まっている場合が多いです。
たとえば、不動産投資に関するセミナーを開催したいと思いますよね。
その場合には、不動産投資に興味があって、これまでに自分のところに問い合わせてきた人、資料請求をしてきた人、物件見学会に以前に参加したことがある人など自分と接触機会を持ったことがあるセミナー参加見込み客リストを整備することから始めなければなりません。
(これは、セミナー開催の場合に限りませんが、見込み客のリスト整備は全てのビジネスの始まりですので)
逆にいいますと、見こみ顧客リストがあれば、受注につなげる場合以外にもセミナーによって付加的な収益を上げることができるということです。

セミナーを開催しようと思い立ってから、あわててメーリングリストや地方の新聞に告知をする方を見かけますが、その段階で勝負はついています。
何事も事前の入念な準備期間が必要です。たとえば、関連の小冊子を販売するなどして、日ごろから見込み客リストの整備をしておけば、セミナーを主催する場合の最大の懸念事項である、人がきちんと集まるかという問題を解決することができます。

・・・・・・・講座へ続く。

 

講座内容の資料請求はこちら


MENU
HOME
行政書士営業講座詳細
講座資料請求フォーム
第1回講座内容
第2回講座内容
第3回講座内容
第4回講座内容
第5回講座内容
第6回講座内容
第7回講座内容
第8回講座内容
第9回講座内容
第10回講座内容
第11回講座内容
行政書士営業役立つメディア
メールマガジン

Copyright (C) 2004 金森合同法務事務所 All Right Reserved.
金森合同法務事務所の許可なく本サイトの一部、あるいは全文のコピー並びに転用・転載を禁じます。

-行政書士営業マニュアル-