行政書士

行政書士
の主要業務である申請業務も、電子政府が本格化し、電子化されていく中で行政書士生き残るためのマニュアルです。

そのような時代の流れの中で
行政書士は、自分の得意分野を作り、行政書士事業を延ばしていく為にはどうしたらよいのか、
行政書士営業マニュアルを伝授!雑誌や書籍では紹介されない行政書士の為のネット活用法などを事例を挙げながら解説。

 HOME
 金森合同法務事務所
行政書士-営業講座開講
行政書士-営業(開業)塾、塾生募集開始!

行政書士-超・営業法

行政書士開業初月から月商100万円稼いだ超・営業法をお読みになったあなたへ
行動することの重要性!営業講座がすべてを変える!
TVや雑誌でお馴染みの金森重樹がお届けする、行政書士の為の『開業、営業塾』の塾生を募集しております。新人の行政書士は勿論、ベテランの行政書士の方も事業を拡大、成功させる為のノウハウが満載です。

講座内容の詳細はこちら

今月の課題図書について

行政書士の為の営業・開業塾

講師
金森重樹
1970年生まれ。東京大学法学部卒業。行政書士、中小企業診断士。金森合同法務事務所所長。開業初年度にして30超の支部を有する相続処理の全国チェーンを構築。

 

 

第2回講座内容
 
Webマーケティング
行政書士講座 [今月の課題図書]
Webマーケティング
        入門eビジネス
多比羅 悟 (著), 佐藤 尚規 (著)
出版社: 日本実業出版社
内容(「MARC」データベースより)
ワン・トゥ・ワン、レコメンデーション・サービス、コラボラティブ・フィルタリングなど、顧客の心理をつかみ、売上げを伸ばすための「Webマーケティングの手法としくみ」を豊富な図表を元に徹底解説。
こちらの図書のご購入はインターネットの本屋さん
Amazonにてご購入出来ます。ご購入
1.WEBマーケティング
2.マーケティング3つのパラダイム
3.市場細分化の目的
4.商品特性によるWEBサイトの基本的構造
5.プロモーション戦略
6.インフォミディアリ
7.レコメンデーションサービス
8.WEBプロモーション
9.アフィリエイト・プログラム
 └
マーケティング環境分析とポジショニング

講座内容の資料請求はこちら



毎月出題する課題に対して、金森が回答をしております

【第2回冒頭】

第一回目の営業講座いかがでしたでしょうか?
マーケティングを市場調査のことと思っていた方にとっては、マーケティングの全体像を第一回目で概観したことで視野が広がったことと思います。
営業講座事務局に寄せられた声で、一番おおかったのが、「業務や会社(まだ独立されていない方もいらっしゃいます)の合間に1ヶ月に1冊の書籍を頭に入れるのはきつい」という声でした。

物事を理解するのに、完全に1回で頭に入れようとしても、なかなか難しいことがありますよね。
そんなときには、一度で理解する必要はありません。
ある本で、全体像をつかんだ際にわからない部分があるとおもいます。そのわからない部分はそのままにしておいて、次々に新しい本を読んでいって、わからないことを人に聞いてみたり、セミナーなどで話てみたりすれば、ばらばらに頭にはいっていた事柄が、ある瞬間からひとつにつながることがあります。

ただ、ここは自分がまだ理解していないんだなと覚えておくことで十分なのです。

ここで、理解しただけで終わるのが「お勉強」。

商売は、実践してナンボの世界ですから、本などで得た知識は早速試す必要があります。

傷つき気づき築く

最初、本で理解した事柄であっても、実際にやってみると、なかなかうまくいかないものです。
そこで、失敗して、傷つくわけですね。
「この本に書いてあることは、本当なのだろうか?」とか
「自分のやり方が間違っているのだろうか」とか
うまくいかないことについての挫折感を味わうわけです。

ここでは、目の前の失敗から逃避するのではなく、責任を他人に転嫁するのではなく、自分の失敗を味わいながら傷つけばいいのです。

そのあとで、気づく。
「そうか!自分のやり方のここが悪かったんだ」
「うまくいったケースと、自分の場合この前提が違ってるんだ。だから、ここを変更すればいい」

など、何らかの気づきがでてくる。
そのときに、「傷つき」→「気づき」というプロセスを行きつ戻りつする間に、いつか失敗の蓄積が知らず知らずのうちにノウハウに変わっている。

お客さんに提供するサービスの一環として、「失敗事例集」なんか、最高の贈り物だとおもいます。

それが高額の商品であったり、高額のサービスであればあるほど、お客さんは失敗を恐れます。一度失敗したら、それが回復不可能な致命傷になるかもしれないからです。

最近、僕は賃貸事業用の不動産をいろいろと見ているんですが、本を何冊読んでも、机上計算は成り立つはずだけど不確定要因が多かったりします。
空室リスクはどのように解消したらいいのか?
不動産価格の下落リスクはインカムゲインでカバーできるのか?
金利の上昇リスクはどのようにヘッジしていけばいいのか?

同じ物件、同じ場所で同じ金利情勢、銀行の融資状況などということはありえませんし、すべて個別です。
また、投資金額も億単位になります。
そうすると、失敗したら致命傷になりかねませんよね。

そうなると、人間の行動というのはみんな同じです。
本を読んだり、資料を取り寄せたり、インターネットで調べたり、とにかく必要な情報はどんどん集めていきます。

その過程で小冊子があれば、取り寄せますし、「失敗しないアパート経営」なんてメルマガがありましたら、購読もします。
売買業者と会って話を聞いたり、銀行の話を聞いたり、とにかく失敗のリスクを最小限に減らそうとします。

こんなときに、「あったらいいな〜」と、心から思うのは失敗事例集です。書籍をみても、大成功するビル経営なんてものは、たくさん出てます。でも、大成功するパターンはそれほどバリエーションはないんですね。ところが、失敗するパターンは千差万別。

となると、失敗事例をあつめたら、お客さんはとても興味を持つと思います。

講座内容の資料請求はこちら

HOME
行政書士営業講座詳細
講座資料請求フォーム
第1回講座内容
第2回講座内容
第3回講座内容
第4回講座内容
第5回講座内容
第6回講座内容
第7回講座内容
第8回講座内容
第9回講座内容
第10回講座内容
第11回講座内容
行政書士営業役立つメディア
メールマガジン

Copyright (C) 2004 金森合同法務事務所 All Right Reserved.
金森合同法務事務所の許可なく本サイトの一部、あるいは全文のコピー並びに転用・転載を禁じます。

-行政書士営業マニュアル-