行政書士

行政書士
の主要業務である申請業務も、電子政府が本格化し、電子化されていく中で行政書士生き残るためのマニュアルです。

そのような時代の流れの中で
行政書士は、自分の得意分野を作り、行政書士事業を延ばしていく為にはどうしたらよいのか、
行政書士営業マニュアルを伝授!雑誌や書籍では紹介されない行政書士の為のネット活用法などを事例を挙げながら解説。

 HOME
 金森合同法務事務所
行政書士-営業講座開講
行政書士-営業(開業)塾、塾生募集開始!

行政書士-超・営業法

行政書士開業初月から月商100万円稼いだ超・営業法をお読みになったあなたへ
行動することの重要性!営業講座がすべてを変える!
TVや雑誌でお馴染みの金森重樹がお届けする、行政書士の為の『開業、営業塾』の塾生を募集しております。新人の行政書士は勿論、ベテランの行政書士の方も事業を拡大、成功させる為のノウハウが満載です。

講座内容の詳細はこちら

今月の課題図書について

行政書士の為の営業・開業塾

講師
金森重樹
1970年生まれ。東京大学法学部卒業。行政書士、中小企業診断士。金森合同法務事務所所長。開業初年度にして30超の支部を有する相続処理の全国チェーンを構築。

 

 

第4回講座内容
 

[今月の課題図書]
DRM―戦略的マーケティング経営
中沢 功 (著)  / 出版社:日経BP社
内容(「MARC」データベースより)
マスメディアに頼ったマーケティングはもう古い! 顧客と長く、深く、親密な「関係」を作るための実践体系を説く。
こちらの図書のご購入はインターネットの本屋さん
Amazonにてご購入出来ます。ご購入はこちらから

[今月の参考図書]私に売れないモノはない!
中沢 功 (著)  / 出版社:日経BP社 
内容(「MARC」データベースより)
出版社/著者からの内容紹介
ギネス記録12年連続世界No.1のセールスマン

まずひと言、とにかくめちゃくちゃ「面白くてためになる」本です。本書は全米100万部突破のベストセラー。
こちらの図書のご購入はインターネットの本屋さん
Amazonにてご購入出来ます。ご購入はこちらから
MBAマーケティング[今月の課題図書の内容]
序章 いま、事業戦略の大転換期

第1章 新しいマーケティングの視点
第2章 DRMとは何か
第3章 DRMへの道
第4章 データベース・マネジメント
第5章 DRMの基盤機能―フルフィルメント
第6章 DRMの基本発想
第7章 DRMのキー・ファクター
第8章 DRMの戦略ポイント
第9章 DRMをどう生かすか

講座内容の資料請求はこちら



毎月出題する課題に対して、金森が回答をしております

【第4回冒頭】

【はじめに】
月末にスタッフが2名やめて、月初に2名新しく入ってきました。
ものになる人物、ならない人物の違いはなんでしょうか?

やめた一人のスタッフのほうは、絶対にやってはいけない禁句連発の女性スタッフだったので、おそらくこのまま続けていても業務の受注は困難という人物でした。

たとえば、お客さんと面談をしていて話につまったときに
『他になにかありますか?』といっちゃうわけです。

『私に売れないモノはない!』(ジョー・ジラード)でも、絶対に言ってはいけない禁句としてあげられていますよね。
話につまったときに、『他になにかありますか?』とやってしまうと
お客さんの答えが『NO』であれば、その段階で話は終了してしまいます。
つまり、商談はジ・エンドなわけです。
こんなことは、セールスをやっている人間にとっては、常識以前のことですし、このような禁句連発の女性はおそらく今後うちの事務所で続けていてもまずつとまらなかったでしょう。

外人から問い合わせのTELが掛かってきても、パニックになって、黙り込んでしまう、またその方が面談にきていても、その方は、かたことで日本語が話せるにもかかわらず、まともに対話をしようとせず電話が鳴ったら席を立って、そちらのほうに逃げてしまう。
外から見ていると、逃避行動に走っているんですね。

それが、通常の日本人との対話の中でも、
『他になにかありますか?』
というとんでもない発言になって出てくるわけです。

商談において、沈黙はチャンスなんです。
のべつ幕なし話したてるよりも、沈黙をとらえて、最終クロージングにもっていく必要があるわけです。
ところが、本人は沈黙するとパニックになってしまって、余計なことを口走って自滅してしまうわけです。

本人は、先月1ヶ月で60万円しか売上があがらなかったので、適性がないと自分で判断したのでしょう。月末で退職しました。
法律書はよく読んでいるようでしたが、法律書:セールストークの割合を9:1くらいにしたらよかったんですけどね。
僕が何度かアドバイスしても、結局セールスの本は呼んでいなかったようです。
セールスの重要性を軽視して、より自分が知識を身に着けることによって受注できると考えてるんですね。

内容だけでサービスが売れるというのは大きな間違いですね。

・・・・・・・講座へ続く。

【講座内容】

【商品戦略】について

▼今月の課題図書から▼

○通信販売こそがDRMの起源
○マスメディア広告の危険性
○フロントエンドメディア
○データベース構築のコツ
○フォローアップ
○バックエンドメディア
○スプリット
●課題

について解説をしております。

講座内容の資料請求はこちら

HOME
行政書士営業講座詳細
講座資料請求フォーム
第1回講座内容
第2回講座内容
第3回講座内容
第4回講座内容
第5回講座内容
第6回講座内容
第7回講座内容
第8回講座内容
第9回講座内容
第10回講座内容
第11回講座内容
行政書士営業役立つメディア
メールマガジン

Copyright (C) 2004 金森合同法務事務所 All Right Reserved.
金森合同法務事務所の許可なく本サイトの一部、あるいは全文のコピー並びに転用・転載を禁じます。

-行政書士営業マニュアル-